ナンパトラブル110番、ナンパする人必見!お金で解決する方法。

ナンパはやり方にもよりますが、お金はあんまりかかりません。

特に失敗が続くとお金は減りません。上手くいくようになると連日ホテル代がかかったり、

デート代がかかったり意外と出費がかかります。

ここまでが通常の出費ですね。

ここからは、5年以上の長期間にわたり本格的にナンパをする方に向けてお話します。

ナンパを沢山(長期間)しているといつかトラブルになります。

対応するために100万~できれば200万円用意してください。もちろん大金なのはわかっています。

ナンパを本格的にやるなら200万用意してから

ナンパして女性とエッチするわけですから、その女性を好きな男や、感心のある人間と揉め事になることがあります。

トラブルに発展する相手は、声をかけた女性ヤクザ旦那のいづれかです。

ほぼこの3択です。この対応に200万円ぐらい用意してナンパすると精神的に楽です。

なくなってもいいというお金で用意します。余剰金です。もちろん使わないにこしたことはありません。

ナンパのトラブル解決に必要な金額は?

一定期間、別の地域に逃げる、もしくはそのまま移住する 30万~50万

不意の妊娠 金額に表せませんが、お金がなければ何もできません。

不倫慰謝料 80万

離婚慰謝料 150万~

ヤクザに恨みをかったり、美人局、不意の妊娠、不倫慰謝料請求、離婚慰謝料請求等が可能性あります。

ナンパも10年単位で活動していると、男の女のことなのであたりまえですがいろいろ修羅場もでてきます。
ブログなので詳細は伏せますが、

くろかわもたまたま300万ほど余剰資金を用意して(若いころトラックで稼ぎました)

ナンパしながら自由勝手生きてきましたが、
いろいろトラブル関係だけで合計150万から200万ぐらいは使ってると思います。

お金だけの話だったら、全力で逃げたり、ケチればもっと少なく済んだかもしれません。

でもね、悪いのは自分なんです。やくざっぽいのとか悪い人とかいろいろいるけど、自分を棚に上げちゃいけません。

トラブルでお金をタイミングよく支払うメリットは2つ

トラブルの早期解決

単純にケジメつけれる

の2点です。


この時蓄えがないと、口では「もーどうでもいいや!」と言っても本音は心細いものです。

なにより、大好きなナンパを楽しめなくなるので、本気でやるなら用意してやりましょう。

25年間むちゃくちゃやって、そのぐらいですから…

ご自身のしっかりしたルール内でやる自信があればそこまで必要ではないかもしれません。

あわせてよみたい↓

ナンパのトラブル、ほんとに懲りないバカ列伝…

「何か起きたらばっくれればいいじゃん!」という考え方は、今難しくなってきてます。
GPSが想像以上に手軽で安価なので逃げれません。くろかわも自分の車に取り付けられた発信機を車体の下などに潜って
探したことありますが、夜間でなくて昼間でも発見できませんでした。実際は車とハンドバックの2か所だったと思います。
あと助手席下部の普段使わないポケット裏に盗聴器ついてました(-_-;)
無理です(笑)

これだってかなり前の話です、今の最先端の追跡っておバカなくろかわには想像もつきません。
もうGPSも死語で、新しい何かかもしれません…
悪い人というのは暴力のプロみたいなイメージですが、実際は精神的な暴力が本職ですからナメてはいけません。

実際、内容証明郵便が自宅に届いたり、職場に直接現れるような相手は簡単ではありません。

映画ではないので、監禁されたり、暴行されたことは一度もありません。

訴訟関係だと全行程で2年間ぐらい、スッキリしないもやもやした日々が続きます。

まず訴訟を起こそうとする相手が1年間ぐらいしっかり探偵に調査を依頼するので、

一年間、ずっと監視されてナンパしてた時期あります(笑)

最終的に向こうが弁護士を通して訴状を送ってきたので、

何かしらの証拠ありという判断で観念して、120万お支払いしました。

金は適切なタイミングで使うと、早期解決できます。

この時一文無しだったらその後も継続して追い込まれていたと思います。

そして払うときは、弁護士か、最低でも司法書士さんに関わってもらって、法的に証拠が残るように支払いましょう。

当事者間だけで書類作成して、お金のやり取りすると、またお金むしられますよ。

ネットなどで、書面に残るものなら法的に効力あるみたいに書いてあるものありますが、やめましょう。

専門家に作成してもらう費用の2~3万をケチって、中学生のカツ上げみたいに繰り返し請求された先輩を知っているので。

それでもその先輩はまだそのトラブルの原因になった女性と密会しています。
「またバレたらどーするんですか?」ときいたら
「……殺されるかもしんない(^^)/」
このように男と女というのはもうバカを通り越して、しょーもない生き物なのです。
このときばかりは「バカは死ななきゃ治らない」という言葉の本質に触れた気がしました。

トラブルを回避するための2つのポイント

派手な女性ばかりナンパしたり、関係を持っていると、トラブルに会う危険度は高まります。

くろかわはある程度の危険も承知でいくと決めてやってきました。

といっても、魅力的な女性を見つけて、声をかける前に、その女性の周囲の人間関係なんて考えてたらナンパなんて楽しくないですよね。

以前ナンパする人を海賊に例えたことがあります。無限に広がる大きな海で、それこそ無限とも思える数の女性に出会う可能性を秘めているからです。大冒険のわくわくがあります。

陳腐な例え話かもしれませんが、やはり大海原は危険と隣り合わせなところがあります。

でも一見安全そうに見える、

ナンパなど無縁の人々の日常が平和で安全かといえば、そうでもありません。

人知れず、毎日家でDV被害をうけていたり、職場でパワハラを継続的に受けている日々もあるわけです。

だからこの記事だけ読んでナンパやめようとは思わないで欲しいのです。

逆にこれだけめちゃくちゃしてきて、この程度で済んだなぁ…という思いのほうが強いです。

特に気をつけるのは2点

女性を妊娠させない

⭐人妻と関係を続けない(継続して会うと、悪質な場合は特に不倫訴訟になりやすいです)

これさえ守れば解決に何年もかかるような事件にはなりません。

ナンパは最高の出会いです。ルールを決めてトラブル防止

いざという時のお金があるとナンパしていても余裕があります。
実際の収入はあんまりなくていいんです、身の丈に合ったお店、ホテルに行きましょう。

でもここ一番で大きなチャンスが訪れた時、お金が足りなくてホテルに誘えなかったとかはなくなります。

せっかくナンパができるようになって毎日楽しくなったのに、トラブルに巻き込まれたらつまらないですよね。

くろかわは無責任に、ナンパは最高の出会いだからやってみようと推奨しています。
でも、あなたがその結果辛い思いをしてしまうのは嫌なんです。

だからこういうことで失敗した、こうしたら防げるかもしれないというアドバイスを少し書きました。

これからも必要以上に恐れることなく、ナンパをわくわくしながら楽しんでほしいです。

ルールを守ればめったなことでは大ごとにはなりません。

でもこの記事を読んでいたために、なんか変な予感に気がつくことができた…

そんなかたちでお役に立てるかもしれません。大胆に、時に慎重に人生を愉しみましょう。

それにしたってナンパで得られる幸福度はローリスク、ハイリターンなことには変わりませんよ。

今回はやや重苦しい内容でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

■ colleee(コリー) ■ ネットショッピングや旅行予約、外食など、colleeeを経由するだけでポイントが貯まる♪ あなたの生活をお得にする情報が盛り沢山の「お得レシピ」は毎日更新中♪ ▼登録・利用はもちろん無料です!

くろかわをフォロー(^^♪