ナンパは日曜日の夜がおすすめ~いい女と出会うナンパ~

あなたはいつ、ナンパをするべきか?

結論としてはいつでもどこでもできるのがナンパです。しかし、どうせやるなら確率を上げましょう。低い確率を狙って失敗が続くとモチベーションが下がってしまいますからね。

くろかわのおすすめは、日曜日の20時~22 時です

できれば、毎週エリアを少し変えて継続してみるのがいいでしょう。

これは意外だと思われるかもしれません。

多くのナンパ師や情報サイトは金曜日や土曜日がいいという意見が
多いですからね。

週末はライバルが多いからダメ!とかそういう理由ではありません。

そもそもナンパというのはライバルなんて存在しないも同然の世界です。

やはり多くの男性にとってナンパはハードルが高く、
実際声をかける人は少数派です。だからこそやるべきだと
言い続けてます。

声をかけるのに週末がダメと言ってるのではありません。

でも、ちょっと考えて欲しいんです。

ちょっといい女と出会いたいと思いませんか?

週末のナンパはターゲットが違う!?

魅力的な女性というのは、 基本的に金曜日や土曜日の夕方~夜に予定が空いてるということはほとんどないということを理解してください 。街を1人で歩いてることすら極端に減ります。

ついでなので、金曜日、土曜日のナンパについて補足させていただきます。

若いからオールもOK!朝まで声掛けしながら、終電逃した女の子をつかまえたい。

女性のタイプより、とにかくワンナイトラブにこだわりたい。

という場合にはお勧めです。女性は仕事あがり~22時までは1件目のアポが入っているのが普通ですから、アクションはそれ以降になりがち。そのあたりを考慮すると、オールで遊ぶことが前提の、20代までの若い方におすすめです。

もちろん深夜まで夜の街にいる女性の総人口は多くなるので、

ちょっといい女も終電一歩手前の23時過ぎたあたりにも僅かにチャンスがあるといえます。

但し、先ほども言ったように、人気の女性のスマホには、男女問わずタイムリーにガンガンお誘いのラインが届きます。

特に週末の場合,あなたがイメージする以上の充実ぶりです。まぁ、当然と言えば当然ですよね。さらに既存の知り合いからの誘いをキャンセルしてまで、会ったばかりのナンパ男についていく確率って、さすがに厳しいものがあります。

「〇〇の家でホームパーティーやってるから今から来ない?タクシー捕まるかな?」

「仕事遅くなった、どこ?車でお迎え行くから夜食付き合って(笑)」

日曜日はチャンスがいっぱい

日曜日の夜、帰宅途中の女性が一人で何を考えるのか?想像してみてください。

明日から仕事ということで、いつもより少し早めの帰宅となる傾向があります。

「あー明日から仕事だなぁ… またいつもと同じ一週間が始まるのか、 何か面白いことないかな」

そんなタイミングで21時頃、あなたから声をかけられる。明日から仕事とはいえ、まだ帰るには少し早い時間。

「えー、ナンパ!…でも、一杯ぐらいなら付き合ってもいいかな ?どうせこのまま帰ってもつまんないし 」

ここに大きなチャンスがあると思いませんか?

美女を口説くための 座席がひとつだけ空いているとするならば、 それは日曜日の20時~22時。 ここだと思っているんです。 女性の寂しいという心の隙間にスッと入っていく絶妙な時間帯なんです。

その後に続く可能性で言うとやはり平日ということになります。中でも月曜はお勧めです。

月曜から同僚などど飲みの約束などすると、「さすがに月曜からはしんどい」ということになるので、

人との約束は入れず、ネイルサロン、マッサージなどのボディケアの日にあてることも多いので、一人で繁華街を歩くことになります。

そこでの声掛けが有効です。ネイルサロンからの出待ちも効果あります。時間がかかるので終わると大抵お腹減ってます。声掛けの時に指先を褒めてもタイムリー過ぎてなんか怖いので、食事が済んだころ、

「いいね!指先めちゃ綺麗だけど、自分でやったの?」とさりげなく褒めてあげるのがポイントです。

この日曜日のナンパは、

いい女と出会い連絡先を交換することを目標にしましょう。

日曜日や月曜日の夜は出会う日

週末はデートの約束をしてホテルに行く日

というイメージを持ってナンパをすることです。ある程度年齢のいった男が、金曜の夜に、血眼になって女を漁っている姿、魅力的な女性の目にはどう映るでしょうか?


女性と連絡先を交換しても、そのあとのデートに繋げられないよ!

という方は、

くろかわをフォロー(^^♪