ナンパで出会う方法とコツ【初めての方、40代の方にわかりやすい解説】

ストリートで女性への声のかけ方を知りたい方へ

ナンパ成功率9% くろかわ ゆうじ です。いろんなナンパサイトやブログを閲覧しているけど、なかなか行動に移せない。凄腕ナンパ師と言われる人の声掛けテンプレートとか自分のキャラクターでは無理がある…スキルはないけど具体的な声掛け方法を知り、ナンパに挑戦してみたいと考えていませんか?

ナンパ、やってみよう!というあなたに下記の内容で解説します。

■目次

1、ナンパでいい女と出会う方法とコツ【40代もOK】

1-1 ターゲットの女性を決める

1-2 タイミングを計る

1-3 間合いをとって、いざ声掛け!

ぼくは25年間、女性に対してすべて同じ声掛けでやってきました

そして多くの素敵な女性と出会い、良い人生だったなと感じています。

世の中にはナンパに対していろいろな情報が溢れているから迷ってしまうと思います。

こんな声掛けだったら上手くいってたかも?と最初のうちは考え出すとキリがありません。でも安心して下さい。この方法だけでも大丈夫ですよ(^^)/

ナンパでいい女と出会う方法とコツ【40代もOK】

ターゲットの女性を決める

これはシンプル。完全に好みで決めましょう。

基準は1つ、あなたがその女性とエッチしたいと思うかどうかです。

ぼくたちは動物です。あっ、いいな…と感じる動物的直感を素直に信じましょう。

現代人が退化したとはいえ、DNAレベルで身体が求めているのを感じることができれば男として行くべきです。

例えば自信がなかったり、経験がないときにやりがちな行動として女性を選ぶときに妥協することがあります。身の丈に合った相手を選ぼうとして無意識に少しでも確率を上げようとします。

実はこれが失敗する原因の一つなのですが、その理由はこちらを参考にしてください。↓

あっ、いいな… あの人に声掛けてみたい!

それでOK!今、目の前を彼女は歩いてますね、それでは次のステップです。

タイミングを計る

声掛けのタイミングもそこそこ重要です。女性が受け入れやすいタイミングを狙いましょう。

声をかけようとしたら女性が狭いお店に入って行った。自分も急いで入店し、すぐに声掛けをした。これはNGタイミングです。店に入るという目的が目の前にある女性に声掛けするより、店から出てくるのを待って声掛けがスマートです。

NGタイミング

狭い店内、エレベーター内、赤信号待ち。(完全拒否の場合女性は辛いです、基本女性に逃げ場がない卑怯なナンパはダメです)

携帯で通話している女性に声掛け。(ハンズフリー通話している女性も多いです、どうしても声掛けしたければ通話が終わるのを待ちましょう、ただし夜間は痴漢対策や、彼氏と通話しているケースも多く可能性は低めです)

狭い路地、暗い路地。(女性にとっては恐怖しかないので、確率は大きく下がります。可能であれば広くて明るい通りに出てから声掛けした方が成功率が上がります)

OKタイミング

お店や、ビルなどの建物から出てきたタイミング。(目的を終えている可能性大、ただし勤務先のビルから出てくるOLの場合だと、会社の同僚の目も気になるので配慮が必要です)

信号が青に変わり歩き出したとき。エレベーター直後、エスカレーター直後、階段の直後。(普通に歩き出すタイミングまでに間合いをコントロールしやすいです)

つまり、普通にまっすぐ歩いていく女性に声掛けするのが基本です

番外編として、

イヤホンをして音楽を聴きながら歩いている女性。

これを、ナンパや勧誘に対する拒否の意思表示と捉えて、ネガティブなイメージを持たれる方多いのですが、くろかわはイヤホンの女性にはむしろ積極的にいきます

成功率が特に上がる要因ではありませんが、決してマイナス要因とは思えません

通常の声掛けボリュームでこちらが声をかけても実際よく聞こえないようです。

えっ、何?と彼女たちは考えるはずですが、その際に、そのまま聞こえないふりもできるのに、わざわざ外してこちらの話を聞いてくれた場合うまくいく確率が高いです、もしくは単純にいい人。ぼくの経験上イヤホンは急いで目的に向かっている人より、時間的余裕がある人が多かった印象です。

ぱっと見、あなたがナンパ師やスカウトに見えない風貌やファッションなら、イヤホン外して聞いてくれる女性はいます。

これ怖いことに、あなたのルックスを客観的に測ることができます。イヤホン外してもらえる確率が高いようなら、あなたのルックスは足切りされていないと考えていいでしょう。逆であれば見た目、ファッションに問題があるかもしれません。

あっ、今買い物を終えて店から出てきました!

いよいよ声を掛けます。それでは次のステップです

間合いをとって、いざ声掛け!

「すみません。」

「こんなところで申し訳ないんですが……、強烈に美しい人だったので声かけました。」

これだけです。これで90%完了です。

①で女性に「あっ、なんか来た…」と存在に気が付いてもらうだけです。だからセリフは何でもいいんです。常識の範囲であれば。

実際に仲良くなった女性に「最初何て声掛けたか覚えてる?」と聞くとほぼ覚えていません、ぼんやりと覚えているとしても②のフレーズからです。

強烈に美しい人だったので声かけました。」

声を掛けた理由を、女性に直球で伝えています。女性からすると、ぼくらは道で声を掛けてくる時点で普通ではない、まあまあヤバい人です。よくわからない人が一番怖いので警戒されます。このフレーズで女性にナンパであることが伝わり警戒心が一旦下ります。

「なんだ、びっくりした…えっ、ナンパ?!」という雰囲気になってもらえるとこの後会話ができることが多いです。

具体的な行動は以下のような感じです。

同じ方向に歩きながらタイミングを見て女性を追い越し、1メートルほど前に出ましょう。(この時、自分の存在に何となく気が付いてくれればベストです)

斜め後方を振り返りながら声を掛けます。(この時手を女性に向けて伸ばしたときに女性の肩にギリギリ届かないくらいの距離感をイメージするとベストです)*左右どちらかはやりやすいほうで、一般的には女性がバックをかけていない方からといわれますが、そこは最大のポイントではありません。

ぼく「すみません」

女性「…」

ぼく「こんなところで申し訳ないんですが……、強烈に美しい人だったので声掛けました」

女性「はぁ、ありがとうございます。でもちょっと急いでいるのでスミマセン!」

ぼく「ありがとうございました」

これが普通のパターンです。今回は断られました。これを本当にいいなと思う女性に繰り返していくだけです。ポイントは②の伝え方です。堂々とした態度で心から美しいな、かわいいなと思う女性に素直に伝えることです。

声を張りすぎると引かれます。声が小さいとこのフレーズは響きません。

一番重要なのは、間です

「こんなところで申し訳ないんですが……、強烈に美しい人だったので声掛けました」

この間しっかり2秒程度とれると、落ち着いた声掛けになり、女性もちゃんと聞いてくれます。

慣れないうちは、緊張して、早口で一本調子になってしまうので意識してみましょう。会話の中で間を意識することで自分自身を落ち着かせるという効果もあります。

テクニックとして、正統派の美女には「めっちゃ可愛い人だったので」と言うと反応がよかったりします。逆に可愛い感じの女性には「強烈に美しい人だったので」が反応とれる場合があります。

美人は容姿を褒められることに慣れているから…というご意見もあろうかとおもいますが、ぼくはそう考えていません。

但し、心の底からからいいな~と思って伝えることが、かなり重要です。

口先だけでいっても見透かされます。だからこそ妥協せずに自分好みの女性に

声掛けするんです。

本当に一目ぼれして声をかけた相手なら、後悔しないし、

駆け引きなしの直球勝負で散るのもナンパの魅力です。

「こんなところで申し訳ないんですが……、強烈に美しい人だったので声かけました!」

さて、ついに声かけできました。凄いことだと思います。
普通はこの声かけがなかなかできません。
自分に何を言い聞かせても「やっぱり怖い…」という感覚です。
25年やっていても、ためらう瞬間はありますから。

ナンパの世界では永遠のテーマとされている地蔵、くろかわなりの答えです。

基本的にこの時点でアウト(無視、明らかに不快感を示す、走って逃げる等)の場合は説明はいらないと思います、軽く会釈して女性から離れましょう。

ナンパは最初のうちは9割アウトです。気持ちを切り替えて次の女性を探しましょう。

そのうちに奇跡的に、微笑んでくれたり、返事を返してくれる女性が現れます。その時に今の自分にできる精一杯の会話をして下さい。

それでも連絡先交換も、食事に連れ出すこともできないでしょう。
それで大丈夫です。

3~4時間かけてなんとか4人に声を掛けることができました。3人アウト、1人だけ奇跡的に少し会話してくれる女性がいたという結果でした。ナンパ用語では坊主というそうですが、何も気にすることはありません。

目次

  1. ナンパはここからです…
    1. ついに話せる女性が…【どうすればいい?】
    2. これはNG!~食事の誘いかた~
  2. お店に入るまでがナンパです。

ナンパはここからです…

心が折れて帰りたくなりましたか?でもどうせ諦めて帰るならあと3人声掛けて帰りませんか?

実はこの方法が女性と出会える確率を飛躍的に高めることになります。

自分にノルマを課す、しかも楽しみながら。

帰りたくなった→あと3人に声掛けしてから帰ろう

お腹が減ったから牛丼でも食べよう→あと3人に声掛けしてから食べよう

ぼくがよくやっていたのは、
「今日はナンパした女性としかご飯は食べれません」縛りです。

ある程度ナンパに慣れてからはこの縛りは結構楽しいのでお勧めです。朝、昼食べれず、やっと連れ出しに成功して素敵な女性と食べる晩御飯の味は格別です。ぼくはこれをストイックグルメと呼んでいます。

ついに話せる女性が…【どうすればいい?】

ついに話を聞いてくれる女性に声をかけることができました。 次はこれです。

「もし、死ぬほど嫌でなければ、ご飯に行きませんか?」

食事に誘います。これだけで十分です。変に面白い言い方をしたり、笑いをとる必要はありません。

すでに女性に好意があることを伝えたうえで会話に繋がっているので、すぐに言うべきです。「もう少し話してからじゃないと…」という考え方は失敗の確率を高めます。

食事行きませんか?と誘って断られたら、次に連絡先を聞きます

理由は日を改めて食事に誘うためです。

「今日は会社の飲み会なんですね?、それではまた別の日に食事行きませんか?平日の仕事の後でもいいので。」

この時のポイントはいきなり週末の打診をしないことです。

知らないあなたと貴重な休日を過ごすイメージは重く感じます。
まずは軽く平日の晩御飯からというニュアンスでいくほうが上手くいきます。

目的は連絡先を教えてもらい、次のアポにつなげることです。連絡を取り合った結果、週末デートになるのはいいと思いますよ。

食事を断られて、連絡先も教えてもらえなかったら残念ながら失敗ですが、
連絡先を交換できたら大成功です。

連絡先交換は立派な成功と考えましょう。ナンパ用語では番ゲといいますが、ここから関係がスタートする可能性が大いにあります。

コツコツと連絡先を交換して、次回のアポに繋げていくことも、ナンパでいい結果を出すために大切なことです。

これはNG!~食事の誘いかた~

・「この近くに凄く美味しい○○があるんだよね!」といった、食べ物の魅力だけで必死に誘うパターン。

お店を提案することに必死、詳しすぎるは警戒されます。
お互いに自然体で「あなたとならべつにどこでもいいよ」ぐらいのテンションに持っていくのがコツです。

・この中から選んで!パターン。

候補が5択とか用意周到過ぎて恐怖です。

・距離が近いことをアピールするパターン。

目の前のビルの6階を指さして、「あっ、あそこに居酒屋あるよ!あそこに行こう!」とか、女性の立場になって考えてみればわかるとおもいますが、計画性しか感じない方法です。*意外性を狙って、「ラーメン行こう!」とか、「この店汚いけど、旨いんだよ!」とかは大学生の男女までです。

一緒にご飯を食べながら会話をしてお互いを知りあうことが重要なので、
騒がしすぎない、ゆっくりできるお店を選びましょう。

何を食べるかは実際あまり重要ではありません。

お店に入るまでがナンパです。

それでは最後に、会話イメージを載せておきます。最後はあなたらしくアレンジして楽しんで下さい。

実際に女性に話しかけてから、二人で歩き出すまでの時間ってどれくらいだと思いますか?

実際に測ってみると3分以内のイメージです。くろかわの経験上5分はかなり長いです、それ以上の時はだいたい最終的に失敗していることが多いです。

ですから、話が続かなかったらどうしよう…という心配があると思いますが、

ここはポジティブに、

「2人で楽しく、これから食事をするお店について打ち合わせをする」

というイメージでいくと緊張で真っ白にならずにすむと思います。

実際の会話イメージ↓

「すみません。」

「……」

「こんなところで申し訳ないんですが……、強烈に美しい人だったので声かけました!」

「(笑)」

「もし、死ぬほど嫌でなければ、ご飯に行きませんか?」

「えっ、…死ぬほど嫌ではないですけど(笑)…知らない人なんで」

「ご飯まだですか?」

「いちおうまだ、食べていませんけど…」

「あの…、声をかけておいて申し訳ないんですけど、ぼくはこの辺りのお店とかよくわからないんですよ。お姉さん職場この辺りなら気になってる店とかないんですか?いつも帰り道に気になるけど、一人じゃ入りにくいなぁ…みたいなお店(笑)」(もう行く前提で話しましょう。ここまで話してくれる女性には、男が少し強引だったからということにしてあげないと失礼です。)

「あっ、1件あります!(笑)」(ここから女性は行くこと決めています。女性から提案があれば嬉しいですね。)

「でもタイ料理とか大丈夫な人ですか?」

「はい、今強烈にパッタイが食べたくなってきました(笑)」

「嘘だよね(笑)」

「あ~、お腹減った~」(ぼくは二人でご飯たべるの好きなんですが、お腹減ったときは必ず声にだして伝えるようにしています。お互い緊張した後ですし、女性を少し安心させてあげたいなという思いも少しあるかもしれません。一緒にご飯付き合ってくれてありがとう!という感謝をこめて言いましょう!)

こうしてお店に行けば、その先が楽しみですね。だいたいこんな感じです。

最後にくろかわから伝えたいこと

少しでもイメージわきましたか? 最後まで読んでいただきありがとうございます。

くろかわは素敵な女性と貴方がナンパで出会えるようにちゃんと最後まで応援します!

まずは、ストリートナンパに挑戦してみて下さい。

そして「上手くいかなかった!ダメじゃん!くろかわ!」何度でもこのブログに戻ってきて下さい。

大丈夫!まだまだ伝えてないことたくさんあります。


ナンパにはそれ以上の何かがあるから続けてます。
(^^)/

くろかわはナンパで人生が最高だったので、
感謝とナンパに対する愛情みたいなものがあります。

長く続けてきた時間と向き合いながら楽しく記事を追加していきます。

そして最後は、皆様がナンパの出会いで人生を楽しんで頂けたらと願っています。

ナンパやりたいけど、本当に成功するの?モチベーションが上がらないよ…
という方は↓

ナンパやってみたけど、女性の反応が…という方は↓



くろかわをフォロー(^^♪