ナンパ初心者が連絡先を交換してからデートに誘う方法。

ポイントは3つあります、

好かれようとしない

次の女性をナンパする

初デートは食事デートだけにする

ナンパで素敵な女性とデートしてエッチしたいなら、最初のうちはこれが鉄則です。

今回のテーマ、実はかなり重要なポイントなのでデートに誘える確率を上げたい方はじっくり読んでください。

好かれようとしない

ナンパで出会った日の、連絡先を交換した時の印象のまま、そのままスライドさせるイメージで*メールのやりとりをしてデートの約束をしましょう。

LINEが主流ですかね、若い人はいろいろ方法があるみたいですがここでは
「メール」という表現に統一させていただき解説します。

デートの約束をするためのメールのやり取りで、印象をよくしようと頑張るのは減点に繋がる可能性が高いのでおすすめしません。

この段階では減点をなくすことが一番大切です。

なぜか?

ナンパで、今度食事に行くという前提で連絡先を教えてもらったということは、女性がなにかしらあなたに魅力を感じてくれた可能性があるんです。
まずはそこを信じるしかないですよね。すでに65点あるんです。
そしてそこからの大きな減点がなければ、ご飯ぐらいつきあってくれる可能性があると思いませんか?
それなのに女性に面白いメールを送ったりして65点→80点→90点にしようとして、結果50点以下になってしまうやり取りはくろかわにも経験あります。

経験が少ない時ほど、メールの段階でも盛り上げなきゃいけない、
そうでもしないとデートには応じてくれないと勝手に思ってしまうんです。
そう考えるのって自然なことだと思います。
でも、それは実際に会ってからにしましょう。

メールでの減点をなくす方法は

礼儀正しい

しつこくない

これだけです。

ぎりぎりで獲得した連絡先は、ほんとうに頼りない…

細く頼りない糸のようなものです。
これをどうにか切れないように手繰り寄せる。そんな心境だと思います。

どっちも怖いんですよね。アピール失敗も、つまらん男と思われるのも

くろかわからのアドバイスは

「ただ、ただ誠実に食事の約束だけをする」 それだけです

実際のメールのやりとり

それでは、

礼儀正しい、しつこくない実際のメールのやりとりを紹介します。

くろかわ「来週の月曜日か木曜日、仕事のあと軽くご飯食べに行きませんか?」11/21(木)20:48送信

女性「うーん、木曜日のほうが早く上がれるかもです。
それでも20時ぐらいになってしまいます(>_<)」
11/22(金)8:11送信

くろかわ「いいですよ、じゃあ木曜日にしましょう。東京駅の八重洲中央口改札に20時間30分頃待ち合わせはどうですか?👍」
11/22(金)12:52送信

女性「了解です。木曜日ですね✨」
11/22(金)19:02送信

くろかわ「ありがとうございます(^^)/旨いもん食べましょう!」
11/22(金)20:01

くろかわ「おはようございます。今日は旨いもん食べに行きましょう
東京駅着くころ連絡しますね」
11/28(木)8:02送信

女性「お疲れ様です。よろしくお願いします、
たぶん大丈夫だと思うんだけど、遅れるようなら連絡しますね。」
11/28(木)12:04送信

おわりです。あとは会ってデートします。

くろかわ 4件送信

女性 3件送信

22日の夜にひとまず約束できたら、28の朝まで丸5日間、音信不通になっていますがこれでいいんです。

まだあなたはこの女性の日常に登場する人物ではないから問題ありません。

前日の夜に確認の連絡も悪くありませんが、というよりそれが最善のように感じますが、くろかわは経験的に当日朝の確認メールに切り替えた経緯があります。僅かな差ですが、当日朝の方が、いろいろな意味でキャンセルにならないような気がしています。

送信は基本的に交互になっているのもポイントですよ。
当日の朝に連絡するのは礼儀です。途中連絡していないので、女性もホントに会うつもりなのか気になってしまいますね。
朝の確認メールをしておけば常識のある女性なら昼休みには折り返し連絡くれるはずです。

何度も言いますが、けしてメールの段階で口説こうと考えないで下さい。

なんか少し絵文字とか、面白い要素いれたほうが良くない?

勘違いしてはいけません。路上で5分ぐらい会話しただけの他人です

趣味は?普段何してるの?これもいりません

向こうから尋ねてきた場合はもちろん答えましょう

でも聞き返す必要はないです

残念ながら逆効果がほとんどです

中には3カ月以上経って会うことができるケースがあります

「ほら、やっぱり焦らず毎日ラインして信用して貰えたら会えることもあるんだよ、俺はそういうのが向いてるよ」

否定はしませんが、おそらく女性の環境が変わったから会えたという可能性が高いです。彼氏と別れて日が経ったとか、転職して新しい職場でメンタルやられたとか、引っ越したとかです。

メールのコミュニケーションだけで女性にホレさせるのは大変です、そこで上手くやったところで、結局最後は面と向かって勝負するしかないんです。

すぐにデートの約束ができない女性もいると思います。
そのとき心がけることは、約束を守りそうな誠実な雰囲気を出すこと、こいつはストーカー化しないだろうというしつこくない感じが伝わればいいんです。

ダメなメール例

「今度食事に行きませんか?」

もう食事は女性が了承している体で進めましょう、上のやり取りのように最低2日、こちらから具体的に日程の提案をしましょう。この一文だけだと、「既読」が付かないまま終わる可能性高いです。

「昨日の夜メールした食事の件どうですか?やっぱり急だからむりかなぁ?」

女性から返信がないうちに、またこちらから確認するようなしつこいメールは確率を落とすだけです。2~3日返事が返ってこないというのは98%終わったということです。うけいれましょう。


  

次の女性をナンパする

もう結果は決まっているから、次を探します。

この記事を読まれているということは、
なかなかデートの約束までたどりつけない。
約束しても前日にお断りや、体調がすぐれないなどの連絡がくる。
または、連絡先交換した5件全滅などの経験をされているかと思います。

これは、ある意味考えてもしょーがないんです

なぜなら、女性が男に連絡先を教える基準がまちまちだから

ナンパがしつこいから、あしらうために教えた人もいる

どうせかんたんにブロックできるから、いやになったらブロックすればいい

2人だけで会うのは気が進まないけど、合コンセッティングしてもらおう…(^^)/

現実は考えてもしょーがない

そーいうものなのです。

だから女性といい思いをしたければ、必然的に母数を増やすしかないんです。

連絡先交換は重要です↓

「会うつもりないなら連絡先教えてくれなくていーよ!」
なんて強気に出る自信はないですよね?

くろかわもそうです(笑)そんな余裕ないんです。

ナンパをしながら、並行してスマホでデートに誘う
どんなに薄い可能性でも約束できたならその約束を優先しましょう。

週に2日(2人)、デートの約束ができるといいです。

そうすると少し余裕が出てくるので、女性にしつこいメールも送らなくなります。
最初はとにかく経験を積み重ねるのが重要です。

初デートは食事デートだけにする

休日を丸一日使ったドライブデートなどは2回目以降、少し仲良くなってからにしましょう。

ナンパの場合、ほぼ初対面の相手とのデートとなるので、もし相性がわるかったら
長時間一緒にいるの辛いなあという理由で断られやすくなります。
初デートは3時間ぐらいをイメージさせる誘いかたをしましょう。

先ほどのメールのやりとりの例でも、3時間ぐらいのニュアンス伝わりますよね。
では、初デートはどんなお店に誘えばいいのか?
↓是非こちらを参考にしてください。

デートに誘う方法まとめ

当ブログは女性という、マニュアルではとうてい攻略しきれないことについて書いています。

メールのやり取りは順番にする。返事がないのを追いかけない

メールの段階で口説かない

ダメなことも多いのですぐに次をさがす

まずは食事だけのデートに誘う

いきなりの音信不通、キャンセルも受け入れる

「じゃあなんで連絡先教えたんだよ!」とかモテないメンタル、ストーカーメンタルです

しつこい男は嫌われます。

この記事を書いたきっかけは、

恥ずかしいことですが、このブログ、ナンパを始めた初心者が上手くいくためのサポートになってないなと強く感じたからです。

最初はナンパの成果も、連絡先交換からのアポに繋がる率も嫌になるほど低いはずなんです。そこになんの解決策も示せないなんて悔しいと思い、
具体的に解説しました。
女性をデートに誘う時の教科書に使っていただけたら幸せです。

それではデートを楽しんで下さいね。

くろかわのデート研究シリーズはこちら↓

オリジナルコンテンツ数No1!【AbemaTV】

くろかわをフォロー(^^♪