初デートのお店選び、旨いナポリピッツァとハンバーグがおすすめ!

デート研究家 くろかわ ゆうじです

女性の数だけ、好みがあるので100%の満足というのは難しいのですが、多くの女性に安定して喜んでもらえるお店を知りたいですよね。

初デートはあなたと彼女が仲良くなるための食事

今回は彼女との1回目のデートというタイミングに的を絞って解説します。

くろかわのお勧めは、

旨いナポリピッツァが食べれる店

     又は、

旨いハンバーグ屋さん

この2択でいいと思います!

1,000人以上の女性とデートした結論です。

ビール、ワイン、コーラ、ウーロン茶、コーヒー…
どんな飲み物にも相性抜群のナポリピッツァ!
イタリアンではなくピッツェリア(専門店)に行こう!

なぜ、この2軒は女性との初デートに適しているのかを解説します。

旨いナポリピッツァが食べれる店

最大の理由は

「女性はチーズ大好きだから」

「美味しさの格が違う」

からです。これに尽きます。

ナポリピッツァというのはニューヨークなど、世界中に広まった歴史や背景を知れば知るほど、他の料理には申し訳ないのですが
「美味しさの格が違う」のです。
*ナポリピッツァは2017年に世界遺産に登録されています。(正式には ユネスコ無形文化遺産にピッツァ職人の技が認定されています)


世界中の恋人たちが愛した味を、あなたの初デートで使わない手はありません。

お酒との相性、1ピースでつまめる食べやすさ、焼き立てを2人で頬張る楽しさ…
デートとの親和性が高いのです。

「何でも食べ放題のブュッフェがあるんだよ、お寿司、焼肉、サラダ、カレー何でも食べれるから行ってみない?」というのと

「旨いピザ食べながらビール飲もうよ!」というのでは格が違います。
*記事中ナポリピッツァという表現でご案内していますが 
実際に女性の前で会話するときは「ピザ」と言いましょう(笑)
あなたが外人顔で「ピッツァ」と言って許されるキャラならOKです(^^)/

食べるものを明確にして誘うと、強いこだわりを感じてわくわくします。イベント感がでるんですよね。

「イタリアン食べに行こう!」ではない
一昔前は女性をデートに誘うというとイタリアンのイメージがありました。
「旨いピザ食べに行こう!」は似て非なるものです。

「とりあえずイタリアンでも行っておけば無難だろう…」という男の考え、

デートに誘われ慣れている女性はもう飽き飽きしているのが本音です。

ときめきがないんです。そこで、イタリアンレストランではなく、

ピッツェリアと看板を出している店に行きましょう。

つまりピザの専門店です。

ピッツェリアってどんな店?

という方のために、都内ですが1軒ピッツェリアを紹介しておきます。実際くろかわも利用しています。ここはお勧めですよ。参考にしてください。

このレベルになると味は都内最高レベルです。あとは生地の塩気が好みかどうか?という違いぐらいしか、くろかわにはわかりませんがとにかく旨いです。素敵なお店に迷惑をかけたくないので、
こちらのお店とは一切の関係がないことを明記させていただきます。

専門店に行ったら基本それを堪能するべきです。
ピザと飲み物、シンプルに! 前菜にサラダかあと1品で十分です。

「でもピッツェリアで、オシャレなメニューが出てきたら、どのピザ🍕頼めばいいかわからないよー」

という心配、わかります! 
↓これだけ覚えれば大丈夫ですよ(^^♪

マルゲリータとマリナーラのハーフ&ハーフを1枚

ハーフ&ハーフは対応可能なお店とそうでないお店があります。メニューに明記されていることが多いので、確認してみましょう。

クワトロフォルマッジ(4種のチーズビザ)を1枚です

マリナーラはナポリピッツァの原点、シンプルな美味しさですが、ニンニクが気になるなら、マルゲリータを頼みましょう

クワトロフォルマッジはハチミツをかけて食べるのが最高に美味しいので、トッピングでハチミツを頼みましょう✨

これは女性は本当に好きな味、青カビのチーズ(ゴルゴンゾーラチーズ)を使うお店も多いので、苦手ではないか女性に確認するといいですよ。

ナポリピッツァの豆知識、知れば美味しさ1.5倍!

2人でお店に向かう時、すでに頭の中はピッツァのことでいっぱいです。

ピッツァに限らず、食事を美味しくする要素として、その料理に対する知識があることが挙げられます。

ワイン好きはワインの知識があるからワインを美味しく楽しめるのです。

↓下に紹介する日清製粉さんのサイトは、1ページなので3分で読めて、
わかりやすくナポリピッツァを解説しているのでおすすめです。
ピッツァを注文して待ち時間に、このサイトの豆知識をネタに彼女と盛り上がりましょう!(^_^)/

例えばナポリでは、ピッツァはお店で食べるときはナイフとフォークで食べるとか…、意外だと思いませんか?

なんかもうナポリピッツァが食べたくなってきますよね?(^^)/

このように「旨いナポリピッツァの店」というのは、圧倒的な魅力を持っています。初デートのお店選びとして、トータルで非常にバランスがいいのです。

次に、旨いハンバーグ屋さんです。

旨いハンバーグ屋さん

最大の理由は「女性はお肉大好きだから」です。これに尽きます。

えっ、と思われるかもしれません。美容とか、ダイエットとか言いたいことはわかります。でもお肉が好きなんです、女性だってお肉が好き。いざというときに食べる言い訳を作るために普段は我慢している女性が沢山います。

お箸で食べれるハンバーグは肉料理の中でも特に食べやすい。

ステーキなどは部位によっては、筋や硬さが食べづらい時があります。また口の中に残ってしまうことも…ホルモンなども同様ですね。
こういうところも女性には気になるポイントです。
また料理が運ばれてすぐは抜群に美味しくても、ゆっくり会話も楽しみながら食べるとなると食味が落ちてしまうものが多いのです。

その点ふっくらジューシーに焼かれたハンバーグは食べやすく、

少し冷めても硬くならずに、シェアもしやすいからいいんですよ。

くろかわは箸で食べれるハンバーグ、大好きです。

箸で食べると美味しさ2割増しと感じるのは日本人だからでしょうか…

匂いが付きにくい。お肉と聞くと「焼肉」が筆頭ですが、これは店内に充満する煙の量を考えるとお勧めできません。お互いお気に入りの1着を着てきたら
「えっ…」となりますよね。
その点、旨いハンバーグを出す店はどうかというと、いい香りは店内に広がりますが、煙は厨房内で処理されていて、気にならないことがほとんどです。

サイドでサラダや付け合わせなど、少しづづいろいろ食べられます。がっつりお肉だけより楽しめますよ。ワンプレートで完成されているところや、定食スタイルが主流です。(ページトップの画像は理想的な付け合わせ多品種の定食スタイルです)

ハンバーグ屋さんでの気配りポイント

↑ページトップの画像のような注文をしたとします。

自分は和風ハンバーグ、彼女はデミグラスハンバーグ。

この時に「旨そー!!(^^)!頂きます!」

でもいいのですが、店員さんに事前に小皿をもらっておいて、食べる前にちょっと取り分けてあげて綺麗に盛って二人でシェアしましょう。

本当はそっちも気になる…(笑)ってことありますよね。叶えてあげましょう。

🍚ライスを事前にもらってあげる

女性はライスを食べたいんだけれど、

店で出てくる一人前は多すぎるというジレンマがあります。

残すのも申し訳ないし…

なんにも気付かず食べているあなたの前で困ってるケースもあります。

これは女性を見ての判断でいいのですが、明らかに食が細い人や、ダイエット宣言してるような人には

「こんなに食べれる?ちょっと貰おうか?俺ご飯大好きだから!」と提案してあげると喜んでもらえることが多いですよ。

食べること楽しみながら、気配りもしましょう✨

外観が素敵なお店が多い。

旨いハンバーグを提供しようとこだわっているお店は、外観や内装もウッディーで素敵なお店が多いです。

料理が運ばれてくるまでの間に彼女がワクワクできるかな?

という基準でイメージしてお店を選ぶのも大切。そういうお店は味もいい場合が多いです。これは旨いナポリピッツァのお店選びも同様ですよ(^^♪

ピッツァかハンバーグの2択!

このどちらかでお店を選びましょう。

女性がチーズとお肉のどちらかが苦手であれば、一方を選ぶというのもいいですし、ストレートに

「今日は旨いピザか、旨いハンバーグが食べたい!どっちがいい?」というのも、一見自己中発言のようで、なかなか頼もしい爽やかさがあり好印象です。

この記事でくろかわはあえて2択と言い切っています。
世の中に、ピザもハンバーグも興味ないという女性がいることも知っています。
好みは人それぞれですからね。
でも決める役割というのがあって、それも優しさの1つです。
デートの日はあなたがそれをしてあげて下さい。

初デートで安心なお店選びのポイントを解説

この2つの料理は店舗数も多いので大都市では選択肢が多く、

お店選びに迷うと思います。

そこで、あなたと彼女が1回目のデートで仲良くなるために、

以下を参考にお店を選べば、お店選びでの失敗の確率はほとんどないはずです。

メイン1品の値段が1,000~1800円のお店

例えばハンバーグ単品の価格であれば、1200円~1800円の範囲で収まることがほとんどです。A5ランクの国産~というのは必要ないです。

先ほど都内でも最高レベルの味と紹介したお店でも、ピッツァ1枚の価格は

マルゲリータ     1,200円 
クワトロフォルマッジ 1,600円(女性でチーズ好きなら必須です)

という感じです。

要するに、バカみたいに高い店は止めましょうということです。
一般的な価格で美味しいお店に連れて行ってあげることで
「この人は賢くて頼りになる」という印象になります。

会話がちゃんとできる騒がしくないお店

人気店でも相席や、酔客が予想される騒がしい店はNGです。

ナンパサイトでもバーナンパの場所としてよく紹介されている

HUBですが、デートに使うお店としては騒がしい印象です。

また、客層が若すぎるお店も、タイミングによっては騒がしくなる要因なので注意しましょう。

駅から徒歩12分以内

最初から、15分とか歩かされたらどうでしょう?

どんなに「美味しいから、頑張って歩いて!」といったところで

デートがスマートではなくなります。

今後ずっとこんな調子なの?大丈夫?この人…と思われてしまいます。

どうしてもそのお店に行きたいのなら、タクシーを使いましょう。

チェーン店はNG

わざわざその店に行かないと食べれない希少性が大切です。

例えば、ピッツェリアなどは、食後のスイーツとしてかなり本格的な美味しいティラミスなどを自家製で用意しているところも多いです。

それがピザ以上に評判になっていたりします。

そうすると「ティラミスも絶対食べて帰りたい!」となりますよね。

こういうところがいつでも行けそうなファミレス、チェーン店とは根本的に違うところです。

初デートはOK!仲良くなってからのデートでお勧めのお店は?

⭐もんじゃ焼き

⭐ちゃんこ鍋

⭐しゃぶしゃぶ食べ放題

上記に共通するのは二人で一つをシェアしている楽しさです。
これはある程度仲良くないと不快ですよね。直箸で取り合うのとか抵抗あるかと思います。

でもこれが仲良くなる途上の二人なら、さらに親近感アップする食事イベントになります。一度エッチしたけど、もっと仲良くなりたいという方や、

何度か食事デートをしていい感じにはなってきていると思うんだけど…という方にお勧めです。

デートにあんまり味を追求するのは止めましょう。それはグルメです。

食べログ評価も3点以上であれば候補にしていいです。

「食べログ評価4.3」というようなお店はどんなに良い店でも、明らかに1回目のデートには向きません。

お店の印象ばかり強いと、女性にとってのメインがあなたより、お店の体験になってしまいます。

お店はあくまで名わき役、あなたのサポーターでなければいけません。

味はそこそこでも、温かみのある雰囲気の店を、ご馳走された女性が負担に感じるような超高級店はやめましょう。

デートで女性が喜ぶお店の選び方を読んでいただきありがとうございます。

旨いナポリピッツァの店

旨いハンバーグの店をまずは試してみましょう。

最後に、必ず予約をして行くことをお勧めしますそれでは楽しいデートを!

↓↓スマホで簡単予約はレストランも一休.comおすすめですよ↓↓(^^)/



↓こちらもお勧め!くろかわの今日から使えるデートの参考書(^^)/



くろかわをフォロー(^^♪