【ナンパは外見が99%】女性からの見た目の印象だけをもっと真剣に考えてナンパしよう

ナンパはルックスが大切というのは頭では理解していても、女性からの見た目の印象を改善する人は、ほとんどいません。

ナンパの声かけ行為は一生懸命やるのに、その確率を飛躍的に高めるルックスを磨くことに熱心な人は少ないのです。

恐らく外見を変えることはほぼ不可能と諦めているのではないでしょうか?

外見の印象を軽くみているように感じます。

ナンパは知らない男がいきなり声をかけてくるわけですから、ぱっと視界に入った見た目しか重要ではないといっても過言ではありません。

ナンパが全く上手くいかない人は、トークの前段階で確実にシャットアウトされています。

本人はナンパが失敗していると思っていますが、女性は「なんかちょっと変な人に声をかけられた…怖かった」ぐらいにしか思っていません。

つまり、成功、失敗以前にナンパ出来てないんですね。

ルックスはナンパを成功させるために必要というより、ナンパに参加するための最低条件なんです。

ナンパの男女の本音って↓のような流れです。

👨いい女だからエッチしたいな

⬇️

👧あっ、ナンパね!嬉しい、うーん…でもちょっと好みのタイプじゃないな~ごめん

⬇️

👨だめかぁ…他の女探そう

この感じなんですよ。

男女の性がベースにあるやりとりが成立したうえで、成功か失敗かという結果がでている。

もちろんお互い大人ですから、露骨な言い方もしないし、スマートに気も遣えるわけです。

だからとりあえず、「ご飯食べに行きませんか?」と誘います。

この時、それなりに恋愛経験がある女性であれば、

「あっ、この男は私と食事がしたいんだな…」とは思ないでしょう。

そういう意味で、女性が声をかけられて振り向いた先には、性的な対象になる男が立っていなければいけないんです。

好みか、好みじゃないかは別にして、もしかしたら自分とエッチしようとアプローチしてくる可能性がある男が立ってると思わせることが、ナンパの成立条件なんです。

だから外見を真剣に考えて、ナンパの成功率が今より上がるように変えてみませんか?

でも安心してください、この記事で紹介する具体的方法をできる範囲で精いっぱいやれば確実に女性の反応は変わりますよ。

ナンパのルックスはどの程度必要なのか?

「世の中の男性を無作為に3人集めた時に、雰囲気がいちばんまとも。」

この感じ大切なのでよーく考えてほしいんです。

つまり、アイドルのようなイケメンになりなさい!EXILEのような雰囲気を出せ!といってるのではありません。

…無理ですよね?それだともうこの記事読むの止めたくなるはずです。

そこそこでいいんです。さらに世の中の男性はそこまでルックス向上に熱心ではありません。

一人彼女(パートナー)ができれば油断して、そこから研ぎ澄ませようとは思わないでしょう。

それはそれで幸せなことだと思いますから、ナンパをしない人には「幸せ太りしちゃったなぁ…」で問題ありません。

だから、基本的な顔の造形と肉体の骨格以外はかなりやることはたくさんあります。

少しずつ確実に変更していけば雰囲気でいちばんまともは絶対にむりということはないのです。

ライバルは少ないし、基本何もしていません。3人の中で雰囲気がいちばんまともをイメージして自分を変えていきましょう。

ナンパは会話次第でどうにかなるというのは、ルックスをクリアしている人の次のステップ

たまに「トークで和むんだよ」とか書かれているナンパアドバイスを目にします。

これはイケメンやある程度整ったルックスの先輩が、同じく女性からはモテそうな雰囲気の後輩にするアドバイスです。

これはナンパが成功しない相手を思って、親切心で言ってるわけではありません。

一種のポジショントークみたいなものです。

「いやいや、ぼくはブサメンだけど、会話を丁寧にしているうちに打ち解けるんだ」という人は

本人は気がついていませんが、女性からしたら生理的にムリではないルックスの範囲内なんです。

イケメンでなくても清潔感があって、服装もセンスの良い人でしょう。

優越感のようにも感じる、この不細工でも…みたいな情報を鵜呑みにしてはいけません。

「ぼくはブサメンだけど、会話を丁寧にしているうちに打ち解けるんだ」

この部分だけを読んでしまうと、見た目アウトでも、会話次第で成功するような錯覚を与えてしまいます。

残酷な情報になってしまっています。

現在、ルックスを磨く努力を全くしないで、性的魅力が足りていない状態でナンパを一生懸命やっている人を見ると、もったいないなぁ…と思うのです。

恐らく声かけの言葉をいろいろ工夫したり、緊張して落ち着きがなくなったりしていないか?と自分の仕草などを研究し、必死に改善しようと頑張っているはずです。

重要なことなのではっきり言いますが、

ダサい服装で、清潔感のない男から堂々とナンパされるより、

センスのいい、清潔感のあるファッションでしどろもどろになりながら、頭真っ白になってナンパするほうが成功します。

おそらく100倍ぐらい確率は高いのです。

ナンパで30回断られてからの考え方にも書いたのですが、ナンパの成功を本気で願うなら、服装、体型、体臭、髪型、清潔感などを含むルックスを真剣に磨くべきです⇒

その努力をコツコツ続けながらの声かけ失敗を、ナンパ失敗1とカウントするのです。

ナンパはある程度結果を出して自信がつくまでは大変です。

それでもボロボロの美学みたいなのかわかりませんが、玉砕を繰り返してしまいます。

この努力というか熱量を、もっとルックス磨きに投じたら、もう少し自信をもって取り組めるようになるはずなんです。

ナンパを始めるきっかけには対照的な2つのパターンがある

ナンパにのめり込むのは2つのパターンがあると感じます。

①もともと女性とは少し縁のあるタイプ。数人の女性とエッチする頻度が高まるうちに、不特定多数の女性と際限なくエッチしたくなってナンパ師となっていく。浮気に躊躇はないタイプ。数年やり続けて、言葉は悪いけど、自分がサイコパスだと気がつく。ぼくはこのタイプでした。

②子供のころから、女性から性的な対象としてみられることがなかったタイプ。童貞か、ほぼ童貞であることも多い。経験はないので性的快感よりも自分の尊厳を手に入れたいと願う傾向がある。

特にこの②のタイプの人はルックスをかたくなに変えようとしないんです。

①のタイプの人もいまいち成果がでない人は、それなりに女性にモテたため、それ以上には真剣にルックスについて考えていないのでしょう。

ナンパで見た目の印象を良くするためにやること

まずは服装を変えます。でもこれができません。

違うセンスの服を着るだけなのですが最初は100%できません。

ファッションセンスのない人は今まで身に着けていた服装をやめて、一般的に女性からうけのいい服装に変更する勇気がありません。

女性うけのいいファッションはネットで調べるか、町で綺麗な彼女を連れている男をたくさん観察して同じ服をそのまま真似て着るようにします。

このサイトでは具体的にどんな服装ということは言いません。

時代に合わせることが重要ですし、ネット上にいくらでもあります。

ことの本質は何を着るかではなく、ナンパで結果が出ない人の外見を変えることの重要性です。

少し真似るとか、なんとなく真似るは意味がありません。完全にやります。

社会人のナンパはスーツをおすすめしています。スーツならなんでも一緒と考えては今までと何も変わりません。

ちゃんと選びましょう。

ぼくのスーツの選び方はこちら⇒

ぼくはナンパが人生の一部になっていたので、鼻の形を整えたいなと思い、15年ぐらい、空き時間に自分の手で適当に、鼻が高くなりますようにと、マッサージしてましたが、若い時よりは少しだけ見栄えが良くなれたかもしれません。

女性にもてる男の顔も研究しました。いろいろあるのですが、時代関係なく共通しているポイントのひとつに、口の周りがシュッとしている。シャープなラインがある。ほうれい線やアンパンマンのようなラインがないという特徴があります。

もともと痩せていたので、それほど顕著な改善はありませんでしたが、むくみがなくなるようにシャープにするマッサージを自己流で続けていたら少しシャープにはなれたような気がします。それからのほうがナンパの成功率は上がりました。

文章にするとダサい努力ですね。でもその結果は女性との素晴らしい時間だったりします。幸せですよ。

後半期はそういうダサい努力の積み重ねに感謝しましたね。

そして同時にこの感じを他人にどう伝えればいい?と自問自答しました。

押しつけがましいのもカッコ悪いですからね…

髪型も全く詳しくなくて、あるカッコイイ美容師さんに全部お任せしたのが縁で、これも10年以上継続してカットしてもらってます。一度も自分の意見を言ったことはありません。プロに任せきるようにしています。

どうですか?わりと地味なことですよね。でもこれすら女性経験が少ないとやる気になりません。

ひと時のナンパということからもっと視野を広げて、どうせなら素敵なオヤジになりたいなぁ…と願い、地味なことでも続けてみるというのがいいのです。

男の旬は10代、20代ではありません。現代は40~50代からの恋愛も盛んです。人生をかけて研ぎ澄ませているといいことが起こるかもしれませんよ。

やることは具体的に解説しているのでぜひ読んでください👇

男は自分のルックスを良くすることに抵抗がある生き物

もともとそういう生き物なのでこの記事を書いています。

この記事を読んでも誰も実行しません。

男は中身で勝負、女みたいに外見を飾るのはカッコ悪いみたいな感情がある人もいます。

客観的にみることができなくて、自分はかっこいいと思っている人もいるでしょう。

さんざんカッコ悪い?努力をした挙句、それでもやっぱり女に相手にされなかった時のみじめさを想像するのか…

真実は誰にもわかりません。

ナンパをしてみると、女性の目の光の強さで、自分の魅力が測れます。最初から反応が良かった(目を見開く、目が笑うの中間のような瞳の動きをします)相手に後から聞いてみると、嫌ではなかったといいます。

この心が動いた感じの目をしてもらえるようなルックスでナンパするために鍛錬してください。