40代女性へのナンパをお勧めする理由

魅力ある40代女性の増加

昔に比べて魅力のある女性が、我慢せずに離婚するようになりました。また、子供がいてもシングルマザーの道を選ぶ人が増えました。

今の40代女性は美しい容姿とファッション、スタイルを維持している方が多いです。

ただし、個人差が大きいのも特徴で、プロフィール年齢だけで会うような、婚活や出会い系などでがっかりすることもあるでしょう。

その点でナンパは最高です。

顔もスタイルもファッションも全て

自分の好みのタイプの女性に直接アプローチできるのですから。
こんな素晴らしいことがなんでもっと流行らないのか?いつも不思議に思っています(^^)/

多くの男がエッチしたいと思うような女性が、独身で、ファッションにも気を配って生活しています。
OLとして仕事もしっかり持っています。
都内は特にこのような40代女性の宝庫といえます。

へー、そうなの?…実はこれを言っても少し伝わりにくいのです。
なぜなら、そのような40代女性は多くの人から外見で40代に見られていないからです。

年下と思ってナンパしたら、年上だったという経験けっこうあると思います。

美魔女という言葉が流行しましたが、30代ぐらいかな?と思って声をかけたら40代と出会うイメージ、
美意識の高い人ほど実年齢とのギャップを強く感じます。

異性に求める年齢の好みもあると思いますが、40代女性をナンパするのは本当におすすめです。

20代の若い女性ばかりナンパして、結果がでなかった方。

40代女性にトライすることなくナンバをあきらめてしまった方は、ぜひとも美しい40代女性に声をかけてみてください。

きっと新しい世界に出会えるはずです。

出会いの機会が激減する40代、だからこそナンパ成功率が高い。

中年の自覚があるので、容姿にはある程度こだわっていても、実生活ではそこまで恋愛に積極的でない人が多いです。

また、40代になると出会いの機会も激減します。

自分ではまだまだいけると自信のある女性にとって、実生活は出会いの頻度という点で少し物足りないのです。

出会い系サイトというものがありますが、若い頃ある程度男からちやほやされた女性にとって、

そこまではしたくない…という登録への心理的な障壁は必ず存在します。

そんな時、町を歩いていて上手にナンパされることができたらどうでしょう?

例えば常識的な感覚を持つ女性に、

「もし、歩いていてナンパされたらついていきますか?」と質問したら。

「ついていくことは絶対ありません!」と笑って答えます。

でも実際に一人で歩いていて、まあまあ許容範囲の男に声をかけられて、

褒められたら、一瞬戸惑うんですよ。そしてそれを知り合いや、友達が見てるわけでもありません。
その瞬間、社会的には密室で行われているやりとりに等しい。

男性の話す内容や、誘い方に好感が持てるようなら、食事ぐらいなら…
という女性だって沢山います。

人間は突然の誘惑に対して、そんなに器用に生きられないんです。

くろかわはナンパで連れ出した女性から

「ナンパでついてきたの初めて!」という声を無数に聞いてきました。

ホントかウソか?そんなことはどうでもよくて、
その言葉を口にするときの女性の嬉しそうな表情が印象的なんです。

どうせなら40代女性に喜んでもらえるようなナンパをしましょう。

40代女性と楽しく食事ができたとき、これでホテルに簡単行けると考えるのは早合点かもしれません。これは年代関係なく個人差で、もう少し仲良くなってからという人も多し、もう遊ばれるだけは嫌という慎重な人もいます。

現実は映画やドラマのようにはいきません。

まずは堂々と誘ってみましょう、

もし断られても、じゃあ次回ね(笑)

と冗談言えるくらいの余裕を見せましょう。

ダメなときはダメです。

ただし、若い女性と違い、こんな冗談半分の会話も、次回会うときに覚えてて、

「わかった、じゃあホテル行こうよ」となることもある律儀なところが経験豊富な女性の魅力です。

40代女性はエッチが官能的

これはかなり重要です。

一概に年齢で決めつけることはできません。

どういうエッチを、どういう人と経験してきたかが1番のポイントなので。

若くしていろいろ覚える女性もいます。

ただし、傾向として

経験豊富な40代女性は受け身だけではないエッチができます。

無言で新しい気持ちよさを教えてくれます。

フェザータッチが上手にできる人も多いです。

※フェザータッチというのは、相手の身体に触れるか触れないかの際どい触りかたで肌の表面を撫でるように触れるやりかた。鳥の羽根でスーっと撫でられたようなぞくっとする感覚が由来です。

具体的には女性が興奮してきたときに、

男性の下半身を触ってくるタイミングがあります。

この時に「ガシッ」と強めに直接握ってくるのは経験の少ない女性か、ものすごい猛者の両極端です。

ここでいう官能的な女性は、まず内ももなどにフェザータッチで触れてから下半身に手を滑らせてきます。

あまり細かく書けませんが例えばこういう所作のひとつひとつがエッチの気持ちよさに繋がります。

女性が完全受け身だけだと、数回すると飽きてしまいます。

受け身女性や経験の少ない女性の特徴は、気持ち良いのだろうけど、苦しんでるのか、気持ちよくて意識が朦朧とするのかわからないような感じたかをします。

若くてモデル体型の美しい人とエッチしても何故か味気ないと感じて、長く続かない経験ある人は40代女性とエッチしてみましょう。

気持ち良さを言葉にして表現してくれる人が増えるのも経験豊富な40代女性の特徴だとおもいます。

ローションの使用や、マッサージ機の使用といった1回目のときは封印してしまうようなものへのハードルも低いです。

むしろ早く使って欲しかったみたいなリアクションを感じる時もあります。

合わせて読みたい⬇️

40代女性はナンパを待っています

これは女性にはちょっと失礼な言い方になってしまうのかもしれませんが、本気でそう思います。

たとえば40代女性をターゲットにナンパをして10人連続断られたとします。もちろん迷惑そうに断られることも多いです。

それでもナンパを続けて13人目で、一緒に食事に行けたとします。

この場合くろかわの感覚としては、

「やっぱり女性はこういうことも少し期待しているんだな…」と感じます。

調子に乗るなと言われてしまいそうですが、

失敗した12人の女性の中にくろかわのルックスや雰囲気が好みじゃないので断った人が必ずいるはずなんです。

その女性はもっと素敵な男から声をかけられていたら、ナンパに応じたと思うんです。

そういう女性まで含めて考えると、どうでしょう?

美意識をもって自分磨きをされている40代女性を中心にナンパをすると、かなり確率はいいんです。

くろかわは40代の男性に、同年代の美しい女性をナンパすることを推奨しています。

同年代の安心感、時代を共に越えてきた者どうしの関係もいいものですよ。

なにしろ話が合うんですよ。歴史的な事件、出来事が起こったころ、お互い何してた?とか
子どもの頃流行った事など話題には事欠きません。

「女性はあなたに声をかけられるのを待ってますよ!」

40代女性を積極的にナンパしましょう。

この言葉が信じられないほどナンパって上手くいかない日々がありますが、

定期的に思い出して噛みしめて欲しい言葉です。

あわせて読みたい↓